薬剤師転職サイト 協会

Yahoo検索よりお越しの方はこちらから
【最新情報】

薬剤師転職サイト 協会

です

秋は転職シーズンになります。早めから準備することが
有利な転職を勝ち取ることができます。
1日当たり平均2~3社登録することで非公開求人などいち早く情報を手に入れ
有利に進めておられる方が多いのです。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師リクナビ薬剤師

薬キャリ

薬キャリ薬キャリ

薬剤師ではたらこ

薬剤師ではたらこ

日本調剤ファルマスタッフ

日本調剤ファルマスタッフ日本調剤ファルマスタッフ

薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコム

■薬剤師の現状について
薬剤師の求人で調剤薬局に次いで多いのが、ドラッグストアです。ドラッグストア業界は全国のそれぞれの地域に大きなチェーン店があり、M&Aと新規出店を繰り返しています。ドラッグストア業界は拡大しつつあるのですが、その反面厳しい競争を強いられる状況下にあるといってよいでしょう。したがって、成長に追いつかず、薬剤師が不足しているドラッグストアも多いので、ママさん薬剤師の希望で多い残業なし、 時短勤務は病院や企業に比べると通りやすいといえるかもしれません。年収に関しては、調剤薬局よりやや高めの設定になっている事が多いです。たとえば、調剤薬局で年収が約400~650万円だとすると、ドラグストアでは 約400~700万円以上もあります。またドラッグストアでは、専門性の高い薬剤師は少ないので、重宝されるでしょう。
ドラックストアの求人は、リクナビ薬剤師の場合、ドラッグストア(調剤併設)で7600件以上 、ドラッグストア(OTCのみ)が1800件以上、マイナビ薬剤師の場合、ドラッグストア(調剤併設)で約3700件、ドラッグストア(OTCのみ)が約7500件あります。求人については、選択肢は広いといえるでしょう。ただし、ドラッグストアに転職する場合には、実際に働く職場の生の情報を得る事をおすすめします。ドラックストア業界は成長し続けていますので、中には成長に追いついておらず、人員不足気味になるドラッグストアもあります。もしそのようなドラッグストアに転職すると、薬剤師としての業務以外の仕事をやらなければならない可能性があったり、お店の雰囲気もあまりよくなく、ストレスがたまる怖れもあるでしょう。したがって、ドラッグストアに転職を希望する場合は、求人票の載っていないお店の雰囲気や人間関係、離職率などを担当となるコンサルタントに聞いておくとよいです。
薬剤師として転職できる職場は調剤薬局、ドラッグストア、病院薬剤師、MR、治験コーディネーター、研究開発などたくさんあります。雇用形態も正社員、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトなどさまざまです。どのような職場でどのような雇用形態を希望するのかによっても最適な転職サイトは変わります。その中でも特に社員として勤務したいときに転職サイトを選ぶ場合、大手で実績のある、利用者からの評判の良い転職サイトを選ぶ事が必要です。たとえば、キャリアアップしたいという希望があれば、研修制度や資格取得制度が充実している求人を保有する転職サイトが、育児や家庭との両立ができる職場を探している場合、時短勤務があったり、託児所完備している求人のある転職サイトがよいでしょう。しかし、転職サイトを見ただけでどの転職サイトが自分の希望に合った求人案件を持っているのか分かりにくいと思います。そこで「薬剤師転職の厳選3社bizo/最新版」でそういった条件の求人を見つける事ができる転職サイトを厳選しました。ぜひ薬剤師転職サイト選びの参考にしてください。
厚生労働省の調査ではいま日本で薬剤師として届け出ているものが約28万人いるとされていますが、全薬剤師の半数の15万人が薬局の従事者とし勤務して、病院で働く方は約2割の5万人です。ほとんど同数の約5万人を占めるのがMRに代表されている医薬品関係の企業の従事者となっています。そして約7千人が大学の従事者と続いていきますが、増加して居る薬局や病院の従事者と対象で、これらは前回の調査から減少しつつあります。薬局の従事者の中で約7パーセントの2万人は薬局の開設者や法人の代表者で従事しています。調剤薬局のなど分野は成熟期に入っている今でも、大手の集約が考えられていたよりも進んでおらず、個人薬局として生き残れている様子が分かっています。これらは調剤薬局に限ったことではなく、ドラッグストアは個人店で生き残るのが困難でしょう。こうした中、薬剤師の半数が就職をする調剤薬局で、特に地方や中小の薬局はまだ充足していなくて、採用に苦労している状況が続いています。今でもそうですが、病院への就職を希望している薬剤師は以前よりも多くて、採用は狭い門だったのです。とくに大学病院で人気の職場は採用自体ほとんどなくて研修生などの待遇で勉強していきながら、勤務して欠員が出れば補充といった形で採用を末といったことが通常だったのです。ですが、今回の調査で薬学部の6年制に移行に伴い薬剤師が出ない期間を見越し採用が広がり、この時は病院が積極的に薬剤師を雇用したため、成長を続けてきた調剤薬局、ドラッグストアで人手不足が深刻化しました。現在でも多くの調剤薬局、ドラッグストアのチェーン店はほぼ常時、薬剤師を募集しています。中には、残業が多かったり、薬剤師としての仕事よいも店舗のための仕事が多かったり、雰囲気自体あまりよくないところもあります。こうした情報はハローワークや折り込みチラシの求人情報だけでは決して分かりません。薬剤師転職サイトに無料登録後は、求人の内部事情についてしっかりと専任のコンサルタントに尋ねるようにしましょう。
日本はチェーン薬局から個人薬局まで合わせてみれば5万4000もの薬局がありますが、最近薬価の引き下げや、薬剤師の採用問題や分業率が頭打ちに近づいていると言ったことなど、順調に拡大している業界に陰りが見えています。大手の薬局だと、新規の出店以外に、中小薬局をМ&Aにしてみることによって成長を維持していますが、これによってほかの業界とおなじように会社の集約が進んでいます。ですが、ほかの業界と違っていることは、調剤薬局上位5社の売上合計でも市場の10%に満たないようなことです。これはドラッグストア業界の売り上げ上位5社が市場の30%を占めるといったことと対照的です。こうしたことからも寡占化しているほかの小売業に比べて、調剤薬局はまだ個人店の割合が多いといったことがわかるでしょう。
薬剤師の方が転職をする事によって得られるメリットは多数あります。職場を変えると言う事は一見デメリットのほうが高いように感じられますが、年収が上がったり、働きやすい勤務体系に変わるなど得られるメリットも多いのです。今の職場に不満があるなら、思い切って転職を試みてみるのも良いでしょう。
例えば仕事に見合った給料がもらえていないと感じるなら、もっと年収アップできる職場に転職してみると良いと思います。以前は病院内で薬を処方していましたが、現在は病院と薬剤を分業している所が多く、より働き口は増えています。薬を処方するだけではなく、患者さんとのコミュニケーションを高めるなど必要となるスキルも上がっているため、昔より年収が高くなる職場も増えていると言えます。古い職場に固執せずに、新しい職場を求めてみる方法もおススメします。
また、ライフスタイルの変化があったときにも転職のメリットが得られやすいです。子供が生まれた、結婚したなど人生の節目で職場を変えたほうが、より働きやすくなります。パートのみの働き方に変えたり、休日が取りやすいなど条件を指定して転職すると、日常生活がより充実することが出来ます。転職することによって、希望の働き方が得られるのが一番のメリットでしょう。一度資格を取得して知識を身に付けてしまえば、転職しやすい職種だと思われます。ただし、何も理由が無いのに安易に転職を繰り返していれば良いと言うものではありません。良い職場を転職で早めに見つけ、長く勤めることによって待遇が良くなる可能性もあります。転職を希望するなら、妥協しない良い職場を見つけることをお勧めします。